Shall we parfait 神戸の素敵カフェ!メニューやアクセス、お店の雰囲気をご紹介

グルメ
Sponsored Links

神戸三宮から歩いて15分ほどの二宮にひっそりと佇むおしゃれな外観の店舗。

Shall we parfait は2020年11月6日にこの地に移転オープンされました。

この記事では新しいメニューや、おすすめのメニュー、さらに店内の雰囲気やお店のアクセスまでたっぷり詳しくご紹介していきます。

Sponsored Links

シャルウィパルフェのメニュー

ランチメニューにはローストビーフバーガー、セットドリンクとしてワイン、ビール、カフェラテ、コーヒー、ソフトドリンクなどがあります。

ランチの提供時間は11時から14時まで

カフェメニューは季節のパルフェや、しゃるうぃだんご(3本720円/5本1200円)、白コッペフルーツサンド(650円)のスイーツメニュー。


しゃるうぃだんごは3本セットと5本セットがありテイクアウトも可能

ドリンクはランチメニューにあったドリンク各種に加えて、レモンジンジャーエール、レモネード、スムージー、抹茶ラテやほうじ茶ラテがあり種類がかなり豊富で迷ってしまいます。

また、オーナーがソムリエなのでワインにも力を入れています。

1人ワンドリンク制となっていますので、パフェやハンバーガーを注文する際もドリンクのオーダーが必須。

今回私が訪問した際にいただいたパフェとローストビーフバーガーについて詳しくレポします。

季節のパルフェ・ストロベリーブーケパルフェ

季節のパルフェはシャルウィパルフェさんの移転前「シャルウィ」さんでも人気だったメニュー。

季節によって使われているフルーツが異なり、この美しいイチゴの「ストロベリーブーケパルフェ」は11月下旬から期間限定、数量限定で販売されています。平日に限り、インスタのDMで予約可能お値段は1580円

写真を見る限りの印象は「美しいパフェ」だったのですが、実際に運ばれてきたものを見た瞬間「めちゃくちゃ大きくて美しいパフェ」と言う衝撃でした。

このパフェ、25センチ〜30センチはあります

使われているイチゴはあまおう。あまおうって、甘くて大きくておいしいですが結構値段が高いんですよね。そのあまおうをふんだんに使っているのがこのパフェ。

美しいブーケの形をしたパフェはオーナーさんが一つ一つ時間をかけて作ってくれます。いちごが横に延びているところ、もはや芸術ですね。

大きさにもビジュアルにも驚いて、ついつい何枚も写真を撮ってしまいました。食べるのがもったいない。。。

上から順にイチゴ、生クリーム、ロゼワインジュレ、イチゴと豆乳のスムージージェラート、無添加ヨーグルトと言う構成になっていて1番上には食べられるバラが乗っています。

崩れないようにといちごから食べましたが、いちごがみずみずしく甘いのでどんどん食べ進められます。

生クリームもこんもり入っていて、生クリーム好きとしては満足の量。

ロゼワインジュレはさっぱりしていて、生クリームで濃厚になった口の中が一気に爽やかになりました。

イチゴと豆乳のスムージージェラートは口当たりまろやかなアイスクリーム的な食感でした。イチゴが効いていてこちらもおいしい。

そして最後にまたさっぱりとしたヨーグルトが入っています。

全体的にボリュームがあり、それぞれの層もしっかりと量があるので、たっぷりとスイーツを味わうことができます。

ラテアートのカフェラテ

ボリュームがすごくて食べている途中で寒くなったので、冬はホットドリンクと合わせての注文がマストだと思いました。

放牧牛のローストビーフバーガー

Shall we parfaitのランチタイム(11時から14時)の限定メニュー、「放牧牛のローストビーフバーガー」。

お値段は画像のサイズで1600円、ダブルビーフ2500円、トリプルビーフ3300円となっていてボリュームを選べるのも嬉しいですね。

一晩タレに漬け込むため、当日なくなり次第終了の数量限定となっています。

とっても柔らかくて旨味がぎゅっっと詰まったジューシーなローストビーフと、特製の赤ワインダレの組み合わせがたまらなく美味しい!

その柔らかさの秘密は店内で繊維をチェックしてすじ引きして良質な赤身のみを残していることにあり。

赤ワインダレにはオニオンやガーリックが使われていて、そこに一晩じっくり漬け込むことでとても風味の豊かなローストビーフとなっています。

素材にも作り方にもとってもこだわったおいしいハンバーガー。これにポテトとフルーツがセットになっています。

普通サイズで充分お腹がいっぱいになりましたが、胃袋に自信のある方はダブルやトリプルにするといいかもしれません。

Sponsored Links

Shall we parfait 神戸の店内の様子

Shall we parfaitの店内は1920年代のアメリカがテーマとなっています。

インテリアや窓の装飾が一つ一つおしゃれなポイント。

天井の打ちっぱなしコンクリートと丸い白電球にとてもセンスを感じました。

外観は可愛いパステルグリーンの扉がチャームポイント!

お店の2面が窓になっているので、光がほどよく差し込んで明るい店内なのもとても気に入りました。

全部で8席ととてもこじんまりしたお店で、そのうち4席は道路に面したカウンター席。4席はテーブル席。

人気店ですが、ガヤガヤしていなくてむしろゆったりとした音楽と時間が流れる落ち着いた雰囲気のカフェです。

小さなお店ならではでしょうか。静かに過ごしたいときにおすすめです。

Shall we parfait 予約方法

シャルウィパルフェではインスタのDMにて、平日のみお席の予約を受け付けています

お席の予約は前日の23時まで

テイクアウトの予約はいつでも可能

小さなお店で、オーナーが接客から調理まで全て1人で切り盛りしています。

固定電話は置いておらず、予約や問い合わせはインスタのDMのみとなりますが、営業時間中のDMには対応できない場合があるそうです。

なので予約をする場合は、遅くとも来店したい日の前日の23時になるまでにDMを送って予約をお願いするのが確実です

Shall we parfait までのアクセス

シャルウィパルフェへは三宮から歩いて15分かからない程度。

三宮から角を曲がる回数が極力少なく行ける方法は下記の通りです。

①JR三ノ宮駅北側に出る
すぐにタクシーのロータリーなどがあるほう。なか卯が見えるので、その大きな道(フラワーロード)をまっすぐ北上。

②大きな歩道橋がかかる交差点があります。角にはいすずベーカリー。いすずベーカリーを右に曲がります。

③クアハウス(温泉)なども通り過ぎてひたすらまっすぐ進みます。すると再び歩道橋のある大きな道路に突き当たりますので、その手前を左に曲がって少し進むと可愛らしい緑のドアが目印のお店が出てきます。

(道案内の画像は後日追加させていただきます。)

Shall we parfait 基本データ

Shall we parfait シャル ウィ パルフェ

住所:兵庫県神戸市中央区二宮町1-10-28 シティライフ生田 1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日

まとめ

神戸三宮から15分ほど離れた閑静な地にあるShall we parfaitさんについてまとめました。

芸術的な美しいパフェは必食です!

ローストビーフバーガーも、味素材全てにこだわっていて美味しいですよ。

店内も外観も全ておしゃれでアメリカのテイストで統一されていて、素敵でした。

ゆっくりと静かに過ごせるカフェをお探しの方はぜひ行ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました