ケーニヒスクローネホテルの部屋とお風呂の様子やアメニティを詳しく!宿泊レポ②

ホテル
Sponsored Links

ケーニヒスクローネホテル神戸の宿泊記。

この記事ではケーニヒスクローネホテルの実際のお部屋の様子、パジャマ等の部屋の備品やアメニティ、駐車場やアクセスについてご紹介していきます。

ウェルカムスイーツや宿泊特典のプレゼント等については以下の記事でご紹介しています。

朝食についてはこちら

Sponsored Links

ケーニヒスクローネホテルの部屋やお風呂の様子

客室のフロアの廊下の様子です。
日当たりが良く明るい室内。白基調でアクセントにゴールドや赤などが使われていて王様(ケーニヒス)らしい高級感で統一された内装となっています。

こちらは客室の様子です。
奥の白のデスクとチェアがとてもかわいい!

今回宿泊したのはYahoo!トラベルで予約したスタンダードツインで、ケーニヒスクローネホテルの中では比較的エコノミーなお部屋。通常は33000円のところGoToトラベル適用で2名1泊が約20,000円でした。

マンゴーのお部屋

部屋のドアにフルーツの名前が書いてありました。周りの部屋のドアを見るとピーチやピスタチオやレモンなど。
これは各部屋のテーマカラーを表しています。確かに宿泊した部屋の壁はオレンジ色でした。他のテーマカラーのお部屋も気になります。

壁がオレンジ!

広めのバスタブ

こちらはお部屋のお風呂です。スタンダードな部屋ですが、それでも一般的なビジネスホテルよりバスタブが広く感じました。
洗面台がバスタブに付属している形ではなく、独立していて使いやすかったです。
シャンプーやボディーソープはPOLAのものが置いてあります。

ホテルに大浴場はありません。

ちなみにホテルで映画でも見ようかと思ったのですが、Netflixやhuluなどは接続できないテレビでした。

Sponsored Links

ケーニヒスクローネホテルのパジャマなどの備品とアメニティ

部屋の中には至るところにケーニヒスクローネの看板キャラクターくまのポチがいました。
ゴミ箱、スリッパ

コーヒーマシンにもくまポチ、部屋のマグカップもくまポチでした。

タオル、パジャマ、クッション
ちなみにくまポチのワンポイントが可愛いパジャマは上下セパレートのタイプではありません。ガウンでした。

部屋の備品がとても可愛いのですが持ち帰ってしまう人が多いようで、持ち帰らないでくださいと部屋に注意書きがありました。備品を勝手に持ち帰るなんて悲しいことですね・・。


フロントにて販売されているので、欲しい方は購入できます。ルームキーの提示で商品が5%オフになりますよ。

ここまでくまポチたくさんなのでアメニティーもくまポチなのかなと思いましたが、そこは普通。

アメニティは普通

歯ブラシやコットンを開けてみてもくまポチはいませんでした。
左に映り込んでいるティッシュの箱はケーニヒスクローネオリジナル柄。この箱もフロントで売っています。

ケーニヒスクローネホテルの朝食

朝食は「くまポチ邸」にて朝からとっても大満足で贅沢なスイーツ&パンなどが食べ放題の名物ビュッフェです。
ケーニヒスクローネホテルの朝食の様子については、別の記事で紹介しています。
朝食についてはこちら

ケーニヒスクローネホテルでの夕食

ケーニヒスクローネホテル「くまポチ邸」では残念ながらディナーの営業は行っておりません。
神戸には素敵なレストランがたくさんありますので近隣レストランで夕食を楽しんでください。
周辺でおすすめのレストランはビストロウエシマや、イグレックベガTOOTH TOOTH maison 15thなどです。

ケーニヒスクローネホテルの予約

ケーニヒスクローネホテルは、公式サイトYahoo!トラベルJTBるるぶトラベルbooking.comから予約ができます。楽天トラベルでは掲載していません。

Yahoo!トラベルからの予約がGoToの割引やクーポン取得についてもわかりやすくておすすめです。

地域共通クーポンについて、公式サイトから予約の場合は「紙クーポン」とサイトに記載がありますが、Yahoo!トラベルからの予約は「電子クーポン」になります。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の駐車場は?

三宮中央通り駐車場がケーニヒスクローネホテルの提携駐車場となっています。ホテルから徒歩2分ほどの場所です。

1日最大料金:平日1530円、土日祝日1830円
駐車場営業時間:7時〜24時(入庫は23時まで)

1泊の場合、チェックイン日とチェックアウト日の2日分の駐車料金が必要になりますのでご注意ください。

チェックアウト時に駐車券をフロントに提示することで1泊につき1500円分の優待券を受け取ることができますので忘れず提示しましょう。
※レイトチェックインプランやペア宿泊券の利用の場合など、駐車券の優待サービスの対象外となる場合もあるので宿泊前にフロントに問い合わせるのが確実です。

差額は自己負担になりますが、三宮の中心部の駐車場はどこも料金が高いのでこちらの提携駐車場を利用するのが1番お得です。

ケーニヒスクローネホテルへのアクセス

三宮と元町の間くらいに位置しています。
各線三宮より徒歩7分ほど。元町駅からも徒歩7分ほど。

まとめ

ケーニヒスクローネホテルの部屋の様子や部屋の備品のご紹介をしました。
ホテル内や客室のいたるところにくまポチがいますが、アメニティーは普通のものでした。

大満足の朝食ビュッフェについては別の記事で紹介しています。

夕食の時間帯、ホテルのカフェ「くまポチ邸」の営業は行っていないので、別のところで食べることになります。

提携駐車場についても紹介しています。ホテルで優待券をもらうのを忘れないようにしましょう。

この記事がこれから宿泊する方の参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました