ラスイート神戸の部屋の違いは?実際に泊まったお部屋も紹介!宿泊レポ②

ホテル
Sponsored Links

少し前にホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドに宿泊しました。聞いていた通りとっても素敵なホテルでした。

しかし予約する際に部屋の種類が多くてどの部屋を選んだらいいのか迷ったので、部屋の違いをまとめました。そして実際に宿泊した部屋のレポも載せています。

ルームサービスでの朝食については宿泊レポ①で詳しくご紹介しています。
よろしければあわせて読んでみてください。

ラスイート神戸の朝食・和食の内容は?ルームサービスでの朝ごはん!宿泊記①
ラスイートに宿泊した際にルームサービスでの朝食を、和食・洋食のどちらも体験してきたので最新の情報をご紹介します。
Sponsored Links

ラスイート神戸の部屋の違いは?それぞれの口コミも

ラスイート神戸に宿泊することになって予約のときに迷ったことは、部屋の種類が多い!私だけでしょうか?

そこで違いを簡単に比較できるように表にまとめてみましたので参考にしてみてください。

横にスクロールできます(スマホ)

フロア名 名称 ベッドタイプ 部屋数 インテリア ビューバス

SUITE

911,11F

    3    

EXECUTIVE

7F-10F

プレミアガーデン

ダブル 1
エグゼクティブ
デラックス
ダブル 2
ツイン 2 マホガニー
エグゼクティブ
スーペリア
ダブル 5
ダブル
(和室なし)
2 マホガニー
ツイン 15 マホガニーor白
エグゼクティブ
モデレート
ダブル 3 ×
ツイン 4 マホガニー ×

LUXURIOUS

4F-6F

ラグジュアリー
デラックス
ダブル 3
ツイン 3 マホガニー
ラグジュアリー
スーペリア
ダブル 4
ダブル
(和室なし)
2 マホガニー
ツイン 18 マホガニーor白
ラグジュアリー
モデレート
ダブル 4 ×
ツイン 3 マホガニー ×

※2021年10月現在の情報です。変更になっている可能性もあるので宿泊前に公式サイトなどでご確認ください。

(SUITEフロアは3部屋とも異なる造りとなっているので表に詳細載せていません。)

各フロア、モデレート<スーペリア<デラックスの順で景色の見え方がいい感じとなっています。(ランクが上)
どの部屋もオーシャンビューのテラス付きではありますが、モザイク側(商業施設)まで見える部屋だとさらに夜景が豪華になりますね!

全室スイートルームというのがコンセプトのホテルなので、広さはどのタイプを選んでも十分広いです。どの部屋もテラスを含めて70㎡以上あります。

なので部屋を選ぶ際の大きな違い

・高層フロアかどうか
・白基調の部屋かマホガニー調の部屋か
・ビューバス付か室内バスか

になりますね。

高層フロアが良ければエグゼクティブフロアを。

ビューバス付希望ならデラックスかスーペリアという名のお部屋を。

・白基調のお部屋が良ければダブルのお部屋を(和室なしダブルはマホガニー)。マホガニー希望ならツインのお部屋を。ただし「スーペリアツイン」を選択した場合はマホガニーまたは白基調の部屋となります。どちらになるかはホテルが決めることになります。

という感じで、私は今回、白基調でビューバス付きのお部屋に宿泊したかったので「エグゼクティブフロアスーペリアダブル」を予約。

Sponsored Links

ラスイート神戸のお部屋。実際に泊まった部屋レポ

今回泊まった「エグゼクティブフロアスーペリアダブル」の様子をレポします。

お部屋の様子


お部屋の内ドアを開けたらまず大きなクローゼットがありました。


入り口近くにテレビ付きの和室あり。


第一印象は、広い!!
大きな窓付きで光が差し込む広々とした室内。白を基調に統一されていておしゃれです。


テンションが上がるクリスタル製シャンデリア。


部屋の奥側から見たらこんな感じ。白のベッドがハイセンスですよね。


テラスから見た景色。これぞ神戸な景色がよく見えます。


おしゃれなソファーと絵画。おいてあるものひとつひとつがおしゃれ。


バスルームの紹介です。
向かって右側がお手洗い、左側がシャワーブース


洗面台。2つあると嬉しいです。


そしてジャグジー付きの円形ビューバス。

一泊では満喫しきれないと感じるほど広くて綺麗な部屋で大満足でした。

ラスイートのアメニティ、部屋の備品

続いてアメニティやお部屋の備品を紹介します。


基本のアメニティ。普通のホテルにあるものは大体揃っています。


ブラシは2種類。AROMATHERAPY※のボディローションも。(※英国のアロマ製品ブランド)


貸し出しメニュー。ストレートアイロン、コテ、くるくるドライヤーを貸し出してもらえます。


ふかふかのスリッパ。とても履き心地がよかったです。


AROMATHERAPYの石鹸。とてもいい匂いでしたのでお土産に持ち帰りました。


バスソルトは2種類が2つずつ付いていました。


女性のみアメニティにスチームクリームとおやすみ手袋、おやすみ靴下と、真ん中の茶色いのは足の指の間に挟むものです。


このアロマライトにはフロントでもらったアロマオイルを垂らして香りを楽しみます。

ミニバー各種。お水以外は有料です。お水は硬水と軟水の二種類あり。
スナック菓子もありました。


ルームキーと女性のみにサービスのアメニティ。
チェックインの時に5種類くらいのなかからアロマセラピーのものを選びました。小さい瓶はアロマオイルです。


マッサージの案内。


ルームサービスの案内。お部屋でアフタヌーンティーができます。後日別記事でアップします。アフタヌーンティー以外にもルームサービスメニューのメニューが別途あり、豊富でした!


テレビと12面体スピーカー。
「体中が包み込まれるような音」が流れます。お持ちのデバイスを接続して音楽を流すことができますよ。
テレビはNetflixやHuluなどを接続できないタイプでした。

ラ・スイート神戸のビューバス!バラ風呂の利用方法は?

ラスイートのホームページに載っているバラ風呂憧れますよね。
こちらを利用したい場合は5日前までの予約が必要。価格は6600円から。

今回予約が5日前までと知らずに利用することができませんでした。
同じような悔しい思いをする人がいませんように。

ちなみにこの日はポートタワーの休業前でしたが、時短営業で早く消灯していました。ポートタワーが消灯景色はこんな感じです。


(花びらは薔薇風呂用の物ではありません)

ラ・スイートのスパ「ラ・シェール」

ラスイートには女性専用のスパ「ラ・シェール」があります。
宿泊客でないビジターの方の利用は6000円(+税)というもの。
それがスイート、エグゼクティブフロア宿泊の方は無料、ラグジュアリーフロアに宿泊の方は1000円で利用できます。
と一応なっていますが、現在宿泊ゲスト側無料のキャンペーンをしていて宿泊客の方はスパを無料で利用できます。(キャンペーンの終了日未定)

高濃度炭酸泉、アロマブロアバス、ナノスチームサウナ、レインミストシャワーがあり、外の景色を眺めながら使うことができました。

ホテルの中のまた別世界という感じで、お風呂というかスパの施設全体が高級感があり広かったです。

ドリンクが飲めるラウンジ付き。

ラ・シェールには、スパ&エステサロン専用エレベーターに乗って向かいます。お部屋のバスローブとスリッパのままで行ってオッケー。

女性専用なので、宿泊予定の女性の方はぜひ行ってみてください。

ラ・スイート神戸はデイユース可能?

ラスイート神戸にはデイユースのプランもあります。
デイユースといってもお昼だけでなく夜にかけての時間に滞在できるプランもあり、最大8時間滞在できます。

ラグジュアリー スーペリアツイン【ビューバス】

【ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド】 の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 宿泊予約は 全室70平米以上&テラス付オーシャンビューで浴室には大型ジャグジーを完備。スモールラグジュアリーホテルならではの質の高いサーヴィスで最上のステイをお約束いたします。

夕食付プランもあります。

【ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド】 の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 宿泊予約は 全室70平米以上&テラス付オーシャンビューで浴室には大型ジャグジーを完備。スモールラグジュアリーホテルならではの質の高いサーヴィスで最上のステイをお約束いたします。

金額的には少し足せば宿泊できるので宿泊したほうがお得ですが、気軽にラスイートを体験できるので楽しそうですね。

まとめ

ラ・スイートのお部屋の違い、実際に宿泊した部屋の様子のレポをご紹介しました。

予約する際の参考になればとても嬉しいですが
結論をいうと部屋の違いはあれど全てがとっても素敵なホテルなのでどの部屋を選んでも素晴らしいステイになること間違いなしです。

ビューバスやインテリアの雰囲気などこだわりがある場合は吟味してください!

よければ朝食のレポも参考にしてください。

ラスイート神戸の朝食・和食の内容は?ルームサービスでの朝ごはん!宿泊記①
ラスイートに宿泊した際にルームサービスでの朝食を、和食・洋食のどちらも体験してきたので最新の情報をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました